IPFS

IPFS

web3.0
次世代
インターネット・インフラビジネス
IPFSレンタルサーバー事業のご案内
~IT業界の変遷~
web1.0 1995~2005~ホームページ時代~
インターネットはWebページを閲覧する事で情報を得るという一方向なツールでした。
また接続、通信速度も非常に低速な環境でもありました。

代表例 google Yahoo MSNなど
web2.0 2005~2018~SNS時代~
高速で安価なインターネット環境が整い膨大な情報量を必要とするリッチなコンテンツ配信も可能になり、画像・動画・SNSといったツールが発達しサービス・コンテンツが双方向となり誰でも簡単に情報を発信できるようになりました。

代表例 YouTube Facebook TikTok Twitter Instagramなど

そこで課題/問題となるのが肥大化する情報量(データ量)と情報の一極集中となります。
web2.0の問題点として…
1.肥大化する情報量
現在、世界中全ての企業・開発サービス・コンテンツ・個人間利用において膨大な通信量が発生しています。またNFT、メタバース、5G環境の浸透、人工知能、自動運転…などテクノロジーの進化は急速化されており、進化するインターネット社会を支えるために革新的なネットワーク技術が必要不可欠となっています。
全世界データ通信量2025年予測
  • 2010年から比較して約90倍
全世界総ストレージ量2030年予測
  • 2015年から比較して約150倍
2.情報の一極集中化
現在の中央集権的なインターネット構造では個人情報の漏洩、データの改竄、アクセスが集中した場合の閲覧不可、閲覧速度の低下など、通信及びあらゆるデータへの影響が如実にあらわれるという問題があります。
  • データの
    漏洩・改竄
  • アクセス集中
    サーバダウン
  • セキュリティ強化
    コスト増
その問題点を解決する新たな技術革新
それがすでに到来しつつあるweb3.0と言われる分散型サービスの時代です。
web3.0 2018~現在~ブロックチェーン時代~
現システムから一極集中化される情報・データ管理がブロックチェーン技術により暗号化が可能となり、一つのデータが不特定多数のユーザーに分散(多方向)されて管理・利用される方法となります。
これが現在部分的に実現されつつあるweb3.0 分散型サービス ITテクノロジーの新時代です。
~web3.0で実現・提唱される技術~
メタバース
  • インターネット上に構成される3次元の世界で、アバターと呼ばれる自分の分身を介し世界に入る。「仮想空間」
    語源は「超越」を意味する「Meta」と「世界」を意味する「Universe」。
    事例:フォートナイト、マインクラフト
  • Fortnite
    Fortnite
NFT(非代替性トークン)
  • ブロックチェーン上に構築されるデジタルデータの一種で、資産の所有証明を付与されたデジタルデータ。
    これによって従来では不可能だった、インターネット上の発言、デジタルアートに資産価値を付与することが可能となった。
    事例:LINE NFT、楽天NFT、よしもとNFT
  • LINE NFT
    LINE NFT
DAO(分散型自立組織)
  • 特定の所有者(株主)や管理者(経営者)が存在せず、地理的に分散したメンバーによる議論や投票などのルールを通じて意思決定が行われるWeb3の世界におけるプロジェクトの運営形態。
    従来の議決権に代わるものとしては、ブロックチェーン上で発行されるトークンが使われる。
    事例:Constitution DAO(アメリカ合衆国憲法の原本がオークションに出品された際、これを競り落とすためのプロジェクトが結成された)

  • Constitution DAO
DeFi/GamiFi
  • ブロックチェーン上で自律的に動くプログラムによって、金融機関などの中央管理者を介さない金融サービスの実現。
    信頼に基づいてお金を受け渡す役割を担い、手数料を得るという形でビジネスを成立させてきた金融機関(銀行など)の存在意義が問われる未来が現実なものとなりつつある。
    事例:Compound(特定の仲介者・管理者を介さずに、任意の暗号資産の貸し出しと借り入れのサービスが可能に)
  • Compound
    Compound
ST(セキュリティートークン)
  • ブロックチェーン技術やトークン(コイン)のノウハウを有価証券に応用したデジタルな有価証券。
    事例:SBI証券(国内証券会社初のSTO実施)LINE証券

  • SBI証券
~国内でのweb3.0(メタバース)活用事例~
  • バーチャル大阪
    バーチャル大阪
    2025年大阪・関西万博に先がけて開設された、大阪の都市魅力を国内外に発信する都市連動型メタバース
  • バーチャルpaypayドーム
    バーチャルpaypayドーム
    「PayPayドーム」の一部をバーチャル空間上で再現。アバター同士のコミュニケーションや実際の試合と準リアルタイムで連携した「バーチャル投球」などが体験できる
  • ANA NEO
    ANA SKY WHALE
    3D CGによって描かれた世界のさまざまな都市や絶景スポットを舞台に、気軽に楽しめる新しい旅行体験を提供。空港でのショッピングやエンターテインメントも可能に
  • REV WORLDS(三越伊勢丹)
    REV WORLDS
    仮想伊勢丹新宿店には、デパ地下やファッション、ギフトなどさまざまなショップが出店。仮想店舗内に展開の商品は実際に販売されている商品が並び、そのままオンラインストアにて購入が可能
~我が国としてのweb3.0時代到来を見据えた取り組み~
「デジタル経済の構造を根底から覆す新たな技術革新の波が押し寄せてきている」
自民党内web3.0プロジェクトチーム発足
  • 政府が6月に策定する経済財政運営の指針「骨太の方針」で、ブロックチェーン(分散型台帳)を活用し新たな価値移転や決済の仕組みを生み出す次世代型インターネット「Web(ウェブ)3・(スリー)」の推進に向け環境を整備する方針が盛り込まれた。

  • 2022/03/30(NNNニュース)
岸田政権が「Web3」を成長戦略の柱に
  • 岸田文雄首相は、英国・ロンドンの銀行家や投資家に向けて日本への投資を呼びかけた。制度改革を通して、Web3.0(ウェブスリー)を含む新たなサービスを醸成しやすい環境整備に取り組む意向を示している。岸田総理はロンドンの金融街の中心にある市庁舎「ギルドホール」で講演を実施し、民間投資を呼び込み、富を再分配することによって「資産所得倍増を実現する」と説明。海外投資家に「岸田に投資を(investinKishida)」と呼びかけた。

  • 2022/05/05(NNNニュース)
世界は分散型インターネットの力を得て「仮想現実」へと加速していく。
そしてこの技術の実現への核となるデータの分散(非中央集権型)処理を実現するために
P2Pネットワーク技術が必要となります。
P2Pネットワークとは?
データの断片を複数生成し、複数ヶ所に分散する仕組みであり、データを使用(取得)する際には断片ファイルを集め一つのデータとして利用するネットワーク技術。
上記ネットワークを実現するためには世界中に膨大な保存領域を確保して常に情報を分散させることが出来るようにする必要があります。
そこで考え出されたのが「IPFS」となります。(InterPlanetary File System:惑星間ファイルシステム)
IPFSとは?
アメリカ・プロトコルラボ社が考案した分散型ストレージ技術=「IPFS」(InterPlanetary File System)
あらゆる種類のファイルを、分散型、ピアツーピア(P2P)、かつ信頼性の高い方法で保存するための暗号技術を利用した世界的なネットワークです。
HTTPとIPFSの比較
日本国としてのIPFS活用政策・施策
デジタル田園都市国家構想
2021年度補正予算と2022年度予算案を合わせて総額5.7兆円を投じる。
データセンターと海底ケーブルの地方分散も進め、5年程度で十数か所の地方データセンター拠点を整備。また3年程度で日本を一周する海底ケーブルを完成させる。

デジタル田園都市国家構想イメージ
すべての構想の基盤に
堅牢なデータセンター網が必須となる
IPFS技術をすでに導入している企業
IPFS参入表明企業
ネットの大手企業も相次いでIPFSの採用を発表
ご契約プラン
  • 2T

  • 4T

  • 8T

  • 16T

  • 32T

  • 獲得FIL数/利回り
    1日 0.1808  6.67%
    報酬金額
    1日 452  36ヶ月 989,880
    総利益
    36ヶ月 593,880
    ※上記金額は管理費控除後です。
    24ヶ月レンタル費  396,000
  • 獲得FIL数/利回り
    1日 0.3616  6.98%
    報酬金額
    1日 1,808  36ヶ月 1,979,760
    総利益
    36ヶ月 1,187,760
    ※上記金額は管理費控除後です。
    24ヶ月レンタル費  792,000
  • 獲得FIL数/利回り
    1日 0.7232  6.98%
    報酬金額
    1日 3,616  36ヶ月 3,959,520
    総利益
    36ヶ月 2,375,620
    ※上記金額は管理費控除後です。
    24ヶ月レンタル費  1,584,000
  • 獲得FIL数/利回り
    1日 1.4464  6.98%
    報酬金額
    1日 7,232  36ヶ月 7,919,040
    総利益
    36ヶ月 4,751,040
    ※上記金額は管理費控除後です。
    24ヶ月レンタル費  3,168,000
  • 獲得FIL数/利回り
    1日 2.8928  6.98%
    報酬金額
    1日 14,464  36ヶ月 15,838,080
    総利益
    36ヶ月 9,502,080
    ※上記金額は管理費控除後です。
    24ヶ月レンタル費  6,336,000
※レンタル費用は1ヶ月に1度変更する可能性があります。
IPFS技術/分散型ストレージ
レンタルサーバプラン
詳細ご説明
弊社提供のIPFS導入データセンターをレンタルして頂きます。
吹田及び府中に存在し現在拠点拡大中です。
  • 府中データセンター
  • 吹田データセンター
準備・運用・報酬までの流れ
<準備>
アメリカ・プロトコルラボ社との契約・準備/ライセンスが許可取得まで約半年間を必要とします。
その間、弊社にてサーバセッティング・マイニング準備を整えます。

<運用>
マイニングの報酬のFILは、日々上がってきます。(アプリでの確認)
弊社プロジェクト全体のシステム稼働はFILFOX(全世界のFILマイニング状況確認サイト)を用いて確認いただけます。
ご契約後弊社IDをご案内致します。該当IDを元に実績をご確認ください。

<報酬>
IPFS/FILcoinシステム上すぐに報酬が払い出される訳ではありません。
契約後ロックアップ期間を経過し払い出される事になります。
FILcoin投資とマイニングの利益予想比較
  • 原資金:1,584,000
  • 1FIL:5,000計算
  • 取引所から購入した場合
    316.8枚(変化なし)
  • 8Tプランの場合
    0.7232x730日(採掘予想枚数/1日)
    528枚 +211.2
取引所で購入した場合とマイニングの8T購入とでは約211.2枚ほどの差が出てきます。
このことにより投資よりもマイニングのほうが効率的に資金を増大できます。
web3.0コンテンツの根幹を成すIPFSネットワークの普及を
私達と共に推し進めていきましょう。
お問い合わせ
皆様とご一緒にIPFSプロジェクトを進めていけることを楽しみにお待ちしております。
どんなことでも結構です。下記のフォームよりなんなりとお問い合わせ下さい。
お名前必須
ふりがな必須
メールアドレス必須
電話番号必須
ご紹介者様
お問い合わせ内容任意
この内容で宜しければ、送信して下さい。